軽種馬後継者研修

軽種馬協会会員の後継者もしくは家族、およびスタッドマネージャーを対象とした研修です。
毎年11月頃に短期集中で講議と実技を含む10日間の研修が行われます。同じ立場で軽種馬経営に携わる牧場後継者が集まるコミュニケーションの場にもなります。

平成28年(2016年)軽種馬後継者研修募集案内

軽種馬後継者研修の受講者を下記のとおり募集します。

目的 競走馬生産の業務に必要とされる基礎知識の習得、馬の取扱い及び乗馬の基礎研修を行なう。
応募資格
  • 1.競走馬の生産・育成牧場の後継者、家族
  • 2.競走馬の生産・育成牧場が雇用するスタッドマネージャー及びそれに準ずる方
募集期間 平成28年9月23日(金)~10月21日(金)
研修期間 平成28年11月7日(月)~11月18日(金)土日を除く10日間
研修時間 13:00~17:00(講義13:00~、実技15:00~)
研修費用
  • 1.特に徴収しませんが種馬場までの交通費は自己負担願います。

    遠方から受講される方で宿泊・食事を希望する場合は、食材費として一日1,100円を負担して頂きます。
    宿泊は場内施設を利用します。(要連絡)
    (寝具等の洗濯料実費負担)

  • 2.騎乗用具は本人が用意するか又は本協会が貸与いたします。
研修内容

講義及び実技(騎乗訓練)

講義
  • 1.馬の栄養・飼料について
  • 2.日本の馬産を考える
  • 3.JRA調教師との談話会
  • 4.子馬の管理・疾病について
  • 5.繁殖牝馬の管理・疾病について
  • 6.草地・土壌について
  • 7.馬の初期馴致について
  • 8.蹄の管理について 
  • 9.馬の見分け方について
  • 10.牧場での仕事と腰痛について

都合により多少講義内容が変更になる場合もあります。

実技
  • 1.馬の取扱いについて(手入れ、トリミング等)
  • 2.基本馬術
  • 3.ロンジング・ドライビング
  • 4.蹄の管理方法

研修場所及びお問い合わせ先

〒056-0144 北海道日高郡新ひだか町静内田原517
公益社団法人 日本軽種馬協会静内種馬場 研修課
TEL 0146-46-2845
FAX 0146-46-2336