防疫対策

馬伝染性子宮炎自衛防疫普及促進事業(JRA日本中央競馬会 特別振興資金助成事業)

馬伝染性子宮炎(CEM)の再侵入と再発生を防止するため、侵入・蔓延防止及び早期発見を目的として、国内で繁殖に初供用する牝馬やCEMを疑う繁殖牝馬及びその関連馬(接触感染の可能性が高い馬)に対してPCR検査を実施する場合、当該検査に要する費用の一部を助成する事業を実施しています。
また、定期的に防疫体制に関する連絡会議や専門家による採材・治療法に関する研修等を開催することにより、わが国のCEM防疫体制を維持することに努めています。

馬伝染性子宮炎 -採材法と治療法-