JBBA NEWS

2022年9月号(VOL.596)

最新の第333便は ラブリーハッチ烏森発牧場行き

吉川 良/よしかわ まこと

 2021年8月のこと、「リョウさんが危ない状況から回復したのを知り、深夜近くにひとりで酒のグラスを持ちあげ、よかった、よかったと、乾杯をしました。そのあと、友だち、人生での友だちということについて、いろいろと考えてみました。リョウさんとは競馬を通じて友だちになったわけですが、人生の意味を語りあえる友だちとなり、友だちがいるという幸福を思いめぐらしていると、リョウさん、いなくならなくてよかったと、心の底からうれしくなりました。わたしは思いがけずに、本当に思いがけずに、妻を亡くすという経験をして、ああ、妻も、かけがえのない友だちだったのだと、はっきり知ったのでした。年月が過ぎ、歳月の流れのなかで、そうした意味を理解している貴美子と出会い、元気に仕事に打ちこめる日日にも、併せて乾杯をしました」という手紙を私は、大阪府貝塚市で診療所を営む医師の濱田吉通からもらっている。(中略)「突然ではございますが、先代濱田通夫が昭和五十三年より開業し、二世代にわたり四十四年間、脇浜の地で診療を続けてまいりました脇浜診療所は、このたび濱田吉通の急逝により、令和四年一月十五日で閉院いたしました」と活字での便りがきた。驚いて読みかえした。どうしたのだろう。何が起きたのだろう。2019年の牧場ツアーで、追分ファームの草の上で、濱田吉通と貴美子と、たくさん笑ったのを思いだした。(中略) スタートして先行。涙が出てきたけれどもわたしは逃げているラブリーハッチをしっかり見ていなければと。遺影を握りしめていて、息苦しくなって、追いこまれたけど突きはなして、ラブリーハッチは3馬身差でゴールして、わたしはずうっと目をつぶったままでした。口取りを吉通さんの遺影といっしょにし、ラブリーハッチに触って、ありがとう、と言いました。うまく口がまわらなかったけれど。(略)

第150回は「ボートレースでいろいろな発見~金沢競馬と金沢の街の魅力もたっぷり体験~」
ホソジュンのウマなりトーク

細江 純子/ほそえ じゅんこ

 ボートレースの配信。実は私の地元である愛知県の蒲郡にも競艇場があり、場所は通っていた小学校のすぐそばでしたと筆者。1日、多摩川ボートの全レースの予想をし、レースを見続けるのは初めてのこと。同じ賭け事でも、確率によって種類の違いがうまれ、これまで馬券を購入し続けることで、気付かないうちにマルチ買いの数がインプットされている点に、環境が人の脳を作るケースもあるのだなぁ~と、新鮮でした。2つ目は、どこの世界にも華のあるイケメンスター選手が存在する点。今回の配信で1番、心惹かれたのが、29歳の永井彪也選手だったのですが、お仕事のお声がかからなければ、ひょっとして一生、知り得なかった気も…。と筆者。金沢競馬のPRVを作る話を頂き、1日、金沢競馬を観戦、金沢の街も散策。金沢所属の騎手と言えば、天才・吉原寛人騎手が在籍をし、今、若手では注目株の魚住謙心騎手も存在。そしてなによりも私自身、もっと金沢を知りたい、足を運びたい場所にと思う筆者。

第138回は「聖奈」 第5コーナー ~競馬余話~

有吉 正徳/ありよし まさのり

 中央競馬の新人騎手・今村聖奈(18)の快進撃が続いている。8月14日現在、282戦26勝(新潟12勝、小倉6勝、阪神5勝、中京3勝)、2着18回、3着19回、4着29回、5着22回、着外168回。勝率は9.2%、連対率は15.6%を記録している。5月22日の新潟競馬場でタマモエイトビートに乗って通算10勝目を挙げた。過去の女性騎手のデビュー年の最多勝は、1996年の増沢由貴子騎手(旧姓牧原)と2000年の西原玲奈騎手がマークした9勝だった。今村騎手はこの記録をデビュー2か月あまりであっさりとクリアしてしまった。今村騎手の名前を一気に有名にしたのは、7月3日の第58回CBC賞だった。3月5日にプロデビューした今村騎手はCBC賞が通算197戦目で重賞初騎乗だった。優勝タイムは1分5秒8。2021年のCBC賞(小倉競馬場)でファストフォースが記録した1分6秒0を0秒2更新する中央競馬の芝1200メートルの新記録となった。1ハロンの平均ラップは10秒97。1ハロンの平均ラップが11秒を切る中央競馬のレコードタイムは芝1000メートルでカルストンライトオ(2002年8月18日、新潟競馬場)がマークした53秒7(1ハロン平均10秒74)に次ぐ2つ目の記録になった。これから年末までに今村騎手が達成可能な記録があるとすれば、新人騎手による重賞複数勝利と史上初のデビュー年GⅠ制覇だろう。今村騎手が前人未到の大記録に挑むかどうか。今年の秋は楽しみがひとつ増えたと筆者。

第165回は『競馬観戦施設』北海道馬産地ファイターズ

村本 浩平/むらもと こうへい

 JRAが仙台中心部に開設を予定している競馬観戦施設が、どんな場所に作られるのかを、10月の開設前に視察をしてこようと思った次第である。そもそも仙台市内にJRAやNARだけでなく、他の公営競技の場外発売所が無いのは意外だった。観戦施設の開設予定場所は、仙台市青葉区中央2丁目のテナントビル。クリスロードと呼ばれるアーケード街の中だという。仙台駅の改札を出てからだと、おおよそ500~600メートル。徒歩だと10分ほどの距離となる。新幹線を下車すると、その足で現地まで向かう。仙台はクリスロードを含めて大きく6つのアーケード街があり、雨が降った場合でもほとんど濡れることなく、競馬観戦施設へと向かうことができる。JRA北海道シリーズでは、ビギナーズセミナーの講師としても、仕事をさせてもらっているが、講義を始めるに当たって、競馬場に来ようと思ったきっかけを聞くようにもしている。その際、興味があったが、なかなか入る気になれなかったといった、競馬に対する抵抗感を話してくれる参加者もいた。仙台市内に開設が予定されている競馬観戦施設もまた、そうしたファンの拠り所となるはずだ。ただ、先ほども書いたとおりに、多くの人が行き交う場所だけに、競馬に興味が無かった人たちも受け入れられる場所であってほしいと筆者。

第165回は『競馬場の天気』馬ミシュラン

小山内 完友/おさない ひろとも

 競馬と天気、密接な関係にあることは説明の必要もないかもしれない。出入り業者として競馬に関わっていると、あらゆる面で天気が仕事に及ぼす影響は大きい。馬場状態と天気は、予想の大きなファクターだ。ダートの場合は含水率で、良=9%以下、稍重=7~13%、重=11~16%、不良=14%以上、これに見た目の状態、例えば重馬場なら「表面に水は浮いていないが、踏みしめると水が染み出る状態」、不良馬場なら「表面や足跡に水が浮いている状態」のような判断基準で決められている。お客さんにとっては、まずは雨だろう。雨が降ると入場が落ちる。たとえば今年のお盆開催。お盆開催と言えば書き入れ時だが、今年は天気に祟られた感がある。いずれにせよ、ファンにとっても我々業者にとっても、天気が良いに越したことはないと筆者。

せり市場成績

・北海道サマーセール サラ1歳

海外ステークスウイナーズ

エクリプスS 2人気Vadeni(FR)が最後方から直線残り1Fで先頭、立て直し追い込むMishriff(IRE)を抑え優勝
K.ジョージⅥ世 & Q.エリザベスS 5人気(最低人気)タイPyledriver(GB)が3番手追走から直線入口で力強く先頭奪取、有力各馬を下す
サセックスS 断然の1人気Baaeed(GB)が直線残り1Fで力強い末脚で決着、日本馬バスラットレオンも逃げて4着に健闘

海外情報

2021-22 AUS/NZ サイアーズランキング (賞金順、8月1日〜7月31日)

海外セール成績

アルカナ・オーガスト1歳セール

トピックス

・2022年生産地懇談会総括
・生産育成技術者研修 2022年 牧場説明会のお知らせ
・2022年度第44期生産育成技術者研修 進捗状況
・2022 JPNサラブレッドランキング(1月1日~8月7日)発表される

種牡馬事業

・2022年 JBBAサラブレッド種牡馬種付頭数
・STALLION NEWS ARCHIVE(スタリオンニュース・アーカイヴ)

地方競馬ニュース

・第22回JBC実施要綱
・Road to JBC
・2022年7月 地方競馬場の売り上げ
・地方競馬所属別在籍頭数/サラ系統(2022年7月1日現在)
・地方競馬開催日程 2022年【10月~12月】

生産関連ランキング

・2022年8月各種ランキング
・2022ファーストクロップサイアーズランキングも掲載中!!!

From 競走馬のふるさと案内所・連絡センター

レポート(日高案内所・胆振連絡センター・十勝連絡センター・東北連絡センター・千葉連絡センター・南九州連絡センター)

The First Win
 JBBA 会員生産の初勝利馬一覧(2022.7.19 ~ 2022.8.13)

カラーグラビア

・JBIS Live中継 北海道市場セプテンバーセール
・JBISスマホで!!せりカタログを持ち歩こう!

表紙

・第58回札幌記念(GⅡ)優勝 ジャックドール
・ジャックドール紹介
・JBBA種牡馬デクラレーションオブウォー(USA)産駒 デュードヴァン紹介
・北海道セプテンバーセール2022

JAIRSコーナー((公財)ジャパン・スタッドブック・インターナショナルコーナー)etc

刊行物注文へ

※ JBBA NEWSのほかに、全国馬名簿、軽種馬統計などの定期刊行物のご注文もできます。