日本軽種馬協会
English
KOREA
Chinese
日本軽種馬協会について
情報整備事業(JBIS)
競走馬のふるさと案内所
生産技術総合研修センター
生産育成技術者の養成
生産育成助成事業
輸出検疫施設
刊行物(JBBA NEWSなど)
生産関連統計
全国せり市場
リンク集
サイトマップ
お問い合わせ
研修事業
研修生募集


2017年度(第39期)生産育成技術者研修生募集案内
競走馬の生産・育成関連の仕事に就業するための基礎となる知識、技術の習得を目的とします。

◆2017年(第39期)生産育成技術者研修【体験入学会】のお知らせ

研修内容
・実習(種牡馬・繁殖牝馬・幼駒飼養管理、栄養管理、分娩管理、生産・育成牧場実習等)
・実技(馬の取扱い、曳き馬、騎乗訓練、初期馴致等)
・学科(馬学全般、飼養管理、健康管理等)
・その他(競馬場見学、セリ市場見学、レクリエーション等)
募集期間
平成28年8月1日(月) 〜 平成28年11月30日(水)
研修期間
平成29年4月 〜 平成30年3月中旬
募集人員
12名
応募資格
(1) 原則として、研修入講時30歳以下とする。
(2) 研修修了後、必ず競走馬の生産・育成に3年以上就労できること。
(3) 騎乗経験は問わない。
研修費用
484,000円/1年間

<内訳>下記は実費負担とさせていただきます。

1.騎乗用具・被服等:134,000円/年
2.食費:328,900円/年
3.教材費:17,300円/年
4.健康診断料:3,800円/年1回

※寮費は無料
※研修中途退場の事態が生じた場合でも研修費用は返還されません。また、研修期間中に要した経費の全部又は一部を
  請求することがあります。
※研修修了後3年以内に競走馬の生産・育成の職務を辞めた場合は、研修期間中に要した経費の全部又は一部を
  請求することがあります。
(公益社団法人) 競走馬育成協会の修学奨励金交付制度の利用が可能です。(所得制限有り)
選考試験
筆記試験(作文)及び面接試験、口答試問、運動適性検査
<試験日> 平成28年12月中旬予定
<試験地> 北海道、東京、関西及び九州の4ヶ所

≪願書請求方法≫
下記のフォームからご請求願います。
研修終了後の進路
研修生の生産・育成牧場への就職率は100%となっています。
就職先はハローワーク等の多数の情報をもとに研修生自身が就職活動を行い決定します。

*過去5年間の就職先(順不同)

《北海道》
白井牧場、追分ファーム、社台ファーム、太陽ファーム、錦岡牧場、ノーザンファーム、クイーンズ・ランチ、吉澤ステーブル、 畠山牧場 豊畑トレーニングセンター、 二風谷共同育成センター、グランド牧場、ケイアイファーム、下河辺牧場、高昭牧場、谷川牧場、千代田牧場、日進牧場、ノースヒルズ、ノルマンディファーム、坂東牧場、ファンタストクラブ、フジワラファーム、藤原牧場、目名共同トレーニングセンター、山口ステーブル、福山育成牧場、レイクヴィラファーム、ダーレー・ジャパン、大島牧場

《本州》
シンボリ牧場(千葉県)、ミホ分場(茨城県)、栄進牧場久世育成センター(岡山県)、宇治田原優駿ステーブル(京都府)、大山ヒルズ(鳥取県)、グリーンウッドトレーニングセンター(滋賀県)、ジョイナスファーム(千葉県)
研修場所及び問合せ先
※資料請求の方は下記のフォームからお申し込みください。
公益社団法人日本軽種馬協会静内種馬場 研修課
〒056-0144 北海道日高郡新ひだか町静内田原517
TEL:0146-46-2845   FAX:0146-46-2336


生産育成技術者研修 願書請求フォーム
 
メールアドレス*

e-mail address

確認用メールアドレス*

e-mail address

お名前*

your name

年齢*

age

学校名(職業)

school or job

性別*

sex

男性 女性
郵便番号*

postcode

住所*

address

電話番号(携帯電話番号)*

phone number

ご意見・ご要望等

comment

*は必須項目です。