馬に人は学び
人は駿馬をつくる

生産育成技術者研修生 募集サイト

JBBA生産育成技術者とは?
公益社団法人日本軽種馬協会では、競走馬の牧場で生産・育成関連の仕事に就業することを目的とし強い馬づくりを担える技術者の養成をおこなっています。
1年間の研修で、基礎技術・知識が身に付きます。
研修とは?
牧場就職率100%生産・育成のどちらの牧場にも対応できるカリキュラムを用意。
実技・学科・実習などの研修を重ねて、一流のホースマンを目指します。
研修後の、牧場への就職率は100%です。

一日の流れ

馬たちの身の回りの世話から、実際にコースを走る騎乗訓練、授業形式の座学まで。
早朝から始まる研修生たちの一日を、時系列で追っていきます。

インタビュー

山下 大輝さん
将来の夢に向かって、日々がんばっています。 詳しく見る
竹内 咲葵さん
目標は「みんなに愛される馬」を作ることです。 詳しく見る

研修所案内

研修生が1年間過ごすのは、北海道日高郡新ひだか町の日本軽種馬協会静内種馬場内にある研修所です。
場内には、厩舎、走路、屋内馬場、研修生寮がそろっています。

日本軽種馬協会について

サラブレッドの大いなる発展、競走馬を安定的に供給することによる国民の健全なレジャーである競馬への寄与、軽種馬産業の安定的維持発展と生産地の活性化を目的として各種事業を行っている、公益社団法人です。